シミやしわ、たるみと闘いながらもそれなりに美しく楽しい50代を生き抜きたいな♪

menu

美しく楽しい50代を生きる♪

度々空き巣に入られる友人宅とホームセキュリティの料金の比較

先日の女子会ランチのびっくり話。

A子、「どうもウチ、泥棒が入ってるみたいなの」

南アルプスで山小屋をやっているA子のご主人は
1年の半分は自宅にいない。

もっとも行きっぱなしではなく時々は下山して帰ってくるけどね。
子供は東京の大学に行ってるから普段は自分だけ。

彼女の家は新興住宅街の一軒家。
外出から帰宅するとなんとなく家の様子が違ってるような気がする
日が時々あるという。

でも室内は別に荒らされてる様子はない。
でも何か違和感を感じる。

引き出しに入れていた3万円がなかったり、
真珠のイヤリングだけ無くなってたり。

ちょっとした小さな金目の物が無くなってることがあるという。

大幅に泥棒に入られたわけじゃないけど
でも誰かが入ったような気がする。

先日はご主人が山から帰って来ててまだ寝室で寝てたから
一応家に人がいるからと
鍵をかけないで近所のごみ収集所へ。

自宅へ戻るとまた違和感が。

一同、「警察に言ったの?」

A子、「言ってない。だって犯人見たわけじゃないから」

一同、「ダメだよー警察に言わなきゃ!」

A子、「ウチの前にアパートがあるんだけどそこの住人がこの前ウチを見てた。でも
その人かどうかは分からない」

一同、気持ち悪いとか大騒ぎしてるのにA子は他人ごとのような風情。
山男と結婚した山ガールのA子はちょっと浮世離れしているところがある。

でもやっぱり危険なので大事にならないうちに家のセキュリティを
強化すべきと一同A子を説得。
だって何か起こってからでは遅いもん。

ホームセキュリティていうとみんなが浮かぶのはセコムとかアルソック。
テレビのコマーシャルの威力は凄いねぇ。

どっちがどうゆうふうに良いのかお得なのか安全なのか分からない。
そこでこんな便利なサイトを見つけました♪

↓ ↓ ↓
大手警備会社のサービス・料金を徹底比較!



有名どころの大手の警備会社の資料を無料で一括請求できて比べられる。
大手の警備会社の中から自分にあった警備と料金をそれぞれ比較できるのが利点。

そうゆう我が家だって今は50代二人暮らし。
どちらかが留守の時はひとりだけ。
泥棒とか強盗に入られたら恐い。

50代ともなると同じような境遇が多くて終いにはみんな自分の家の防犯対策について
真面目に考えだしちゃいましたよ。

ランキングに参加しました。
クリックしていただけると光栄です♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村
ありがとうございます!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール






華子 50代


たるみに皺にほうれい線に悩みは尽きないけど、
昨日より今日が明日が楽しくなる日にスルノダ♫

にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ